JP|EN
SGグループ
sggroup

ABOUT

SG Groupは国内外で新しいコンセプトのバーを企画・運営するバーカルチャーカンパニー。世界で数々の受賞歴を持つファウンダー後閑信吾のもと、コンペティションで実績あるバーテンダーが多数活躍しています。


私たちが共に大切にしているのは “Sip & Guzzle”。ゆっくり味わっても、カジュアルにも、誰もが自分の方法で楽しめる場。私たちはそんな空間としてのバーを日々育てています。

SHINGO GOKAN

後閑信吾

SG Groupファウンダー。 今世界で最も注目されるバーテンダーの一人。


Bacardi Legacy Cocktail Competition 2012に米国代表として出場し、 国際大会優勝。 2017年、 バー業界のアカデミー賞と言われるTales of the Cocktailの「International Bartender of the Year」を受賞。


Asia’s 50 Best Barsでは2019年に個人に対する最高賞「Altos Bartenders’ Bartender」を、2021年にはその年のバー業界を象徴する人物に贈られる「Roku Industry Icon Award」を受賞し、双方を獲得した初めてのバーテンダーとなる。


バーインダストリーで最も影響力ある100人を選出する「Bar World 100」の2021年版において、世界中のバー関係者の中からアジア、アメリカでトップとなる第4位に選出されている。

SPEAK LOW

秘密の扉から始まる、特別な時間

禁酒法時代のアメリカを思わせるスピークイージー(もぐり酒場)スタイルのバーSpeak Low。上海旧フランス租界の並木道に面する1階はバーツールのブティックショップ “OCHO”。店内の隠し扉を開けると、秘密の階段が来訪者を魅惑と喧騒の解放区へと招きます。

  • speaklow
  • Speak Low
  • Speak Low

アップビートな音楽が弾む2階は活気に溢れ、ニューヨーク・ダウンタウンのバーを思わせる雰囲気。銅板のカウンターではバーテンダーがテンポ良いサービスで大勢のゲストを楽しませます。

洗練されたムードの3階は伝統と革新が共存するロンドン的スタイル。ジャパニーズウイスキーや少量生産のクラフトスピリッツを取り入れた、クリエイティビティ溢れるカクテルを満喫できます。

The World’s 50 Best Bars 10位 (2017) / Asia’s 50 Best Bars 2位 (2017)

  • Speak Low Drink
  • Speak Low Drink
  • Speak Low Drink
SOBERSOBER

ニューヨークを旅するように
多彩なカクテルカルチャーと出会える場所

Sober Companyはカフェ(Cafe)、ダイニング(Kitchen)、バー(Society) の3つの顔を持ち、それぞれのシーンでカクテルを楽しめる新しいコンセプトのレストランバー。

各セクションはニューヨークのウエストヴィレッジ、チャイナタウン、イーストヴィレッジをテーマに異なる個性で彩られ、マンハッタンを旅するように多様性あふれるドリンクカルチャーを楽しめます。

  • speaklow
  • speaklow
  • speaklow
SOBER

バリスタが手がけるコーヒー&ティーカクテルをアペリティフで楽しめる”Cafe”。モダンチャイニーズとカクテルのペアリングを味わう”Kitchen”。シックな雰囲気で食後の余韻の時間を楽しむ”Society”。3つを回ればSober(素面)のあなたもTipsy(ほろ酔い)に。

The World’s 50 Best Bars 42位 (2020) / Asia’s 50 Best Bars 5位 (2021)

Tales of the Cocktail - Best International Restaurant Bar (2020)

  • soberメニュー
  • soberメニュー
  • soberメニュー
  • soberメニュー

INFORMATION

(+86) 02164160133

上海雁荡路99号

99 Yan Dang Lu, Shanghai

sgclub

バーを愉しめ
A FINE PLACE TO SIP OR GUZZLE

1860年に万延元年遣米使節として海を渡った侍たちと、カクテル黄金時代のアメリカ。彼らの旅からインスパイアされたThe SG Clubは、和と洋が絶妙にブレンドされたカクテルバー。SipとGuzzleという対照的なスタイルで、自由で多様なカクテルカルチャーを表現します。

  • sgclub
  • sgclub
  • sgclub

“気軽に飲む” の意味を持つ1階Guzzleはカクテルをカジュアルに楽しむためのバー。ヴィンテージ感溢れる心地良い空間で、ノンアルコールのモクテルやテイクアウェイのカクテルメニューも充実。


“ゆっくり味わう” 地下のSipは、当時のNYのギャングクラブを思わせる重厚さに和のモチーフがさりげなく織り込まれた空間。ファインダイニングで体験するような複雑なフレーバーのコンビネーションをカクテルで楽しめます。クラシックなシューシャインブースも併設。

sgclub

2階のSavorはシガーとカクテルのペアリングを楽しめる会員制ラウンジ。吸い始め、中間、終わりで変化するシガーの味わいに合わせて仕立てられたカクテルメニュー。和とキューバの美学が溶け合う空間は、ここにしかない時間と体験を約束します。


The World’s 50 Best Bars 10位 (2020) / Asia’s 50 Best Bars 3位 (2021)

The Best Bar in Japan (2020, 2021)

sgclub
The Odd Couple

後閑信吾×スティーブ・シュナイダー
対照的なバーテンディングスタイルの共演

後閑信吾初のコラボレーションプロジェクト。

ニューヨークの名店「Employees Only」でプリンシパル・バーテンダーを務めてきたスティーブ・シュナイダーをパートナーに迎え、バーの新しい形を提案。

“The Odd Couple” – おかしな二人 – という店名が表すように、二人の対照的なバーテンディングスタイルを楽しめるスリリングなバー。

oddcouple

1980年代に想像した2018年のバー

奇しくも同じ1983年生まれの二人がプロデュースするバーのコンセプトは、「1980年代に想像した未来、2018年のバー」。

80年代はトム・クルーズの「カクテル」が大ヒットし、カラフルで華やかなポップカルチャーが湧き上がった時代。そんな時代のバーテンダーが「バック・トゥ・ザ・フューチャー」さながら、一生懸命21世紀を想像して作ったバーにはネオンチューブや大画面のテレビゲームが光り、未来的でありながらどこか懐かしい雰囲気です。

  • oddcouple
  • oddcouple
  • oddcouple
The Bellwood

100年前の東京
大正モダン華やかな時代の“カフェー”が
現代の渋谷に生まれ変わる

The Bellwood  外観

100年前の東京。西洋文化が一般に浸透しはじめ、和洋折衷のスタイルが街中に現れはじめた頃。巷では“バーテンダー”や“コクテール(カクテル)”という言葉も出現しはじめた。

その新しい文化の中心を担ったのが「特殊喫茶(カフェー)」。『お酒と料理を楽しめるバー』であり、大正期の芸術家や文化人の社交場として花開いた。

The Bellwoodはその頃のカフェー文化を、カクテルバーとして現代の渋谷に表現しています。

鈴木敦プロデュース
“古き良きものの進化”を追求

The Bellwoodは、CHIVAS Mastersワールドチャンピオン 鈴木敦によるプロデュース。“古き良きものの進化”というコンセプトが、メニューやインテリアの隅々にまで生かされています。

The Bellwood 店内

フロントバーでは鈴木敦が作り出す多彩なカクテルとともに、日本独特の”洋食”をアレンジしたフードを提供。

  • Bellwood
  • Bellwood
  • Bellwood
  • Bellwood
The Bellwood 店内

奥の小部屋にはカクテルペアリングを体験できる4席のみのバーを設え、1つの空間で2つの楽しみ方を演出しています。

sglow

IZAKAYA meets BAR
イーストヴィレッジのビートが息づく
バーテンダーが本気で遊んだ居酒屋

鯉の滝登りをイメージしたヒップポップな絵画とオブジェライトが迎える、NYイーストヴィレッジと渋谷をマッシュアップした空間。バーと呼んでも、居酒屋と呼んでもいい。お酒が美味しく、 料理が美味しく、会話が弾む。目指したのは遊び心溢れる自由な場所。

SGLOW 店内

“COCKTAIL lZAKAYA”という愉しみ

カクテルのアイデアで生み出された10数種のレモンサワーやThe SG Shochuのハイボール。日本の居酒屋料理と世界の食材を組み合わせたバラエティ富むフード。定番メニューをSGらしいアレンジで提供します。

ウニまぜ麺
本気のレモンサワー
SG焼酎
ラーメンポテトサラダ
swrllogo

バーテンダーとソムリエのコラボレーションが
ワインカクテルの世界を一変させる

ワインテイスティングの「スワリング」に由来する「swrl.」は、今までのワインカクテルのアプローチを一新する、世界でも例を見ない新しいコンセプトのレストランバー。

<カクテル>と<ワイン>をペアリングのアイデアで合わせて生み出す一杯は、今まで経験したことのないフレーバーワールド。

バーテンダー後閑信吾、国内外で活躍するトップソムリエ大越基裕氏、そして肉とヴィーガンのスペシャリストとして知られる米澤文雄シェフのコラボレーションが新しい体験を創造します。

  • swrl.店外画像
  • swrl.店内画像
  • swrl.店内画像

Brooklynブルックリンインスピレーションの空間で
NY×ラテンフレーバーを味わう

NYブルックリンをテーマとした店内は、ラフなウッドフロアをベースにゆったりとシートを配置。古い建物をリノベーションしたスペースの多い当地の雰囲気を演出します。

料理はこのブルックリンのライフスタイルに欠かせないラテンアメリカ料理をベースに、NYのJean-Georgesで日本人初のスーシェフを務めた米澤文雄シェフが監修。ワインカクテルを一層楽しめるメニューの数々を提供します。

  • swrl.メニュー
  • swrl.メニュー
  • swrl.メニュー
  • swrl.メニュー

COMPANY

株式会社SGマネジメント / SG Management Inc.

本店〒150-0041 東京都渋谷区神南1-7-8 豊産ビル
オフィス〒150-0041 東京都渋谷区神南1-9-4 NCビル
電話番号03-6455-2630
代表取締役勝山 聡
取締役後閑 信吾
松永 克生
張 杰
鈴木 敦
土屋 麻鈴
グループ会社・関連事業株式会社ファイブセンシス (東京)
株式会社スピークロー(東京)
株式会社ベルウッドエクスペリメント(東京)
上海后感餐饮管理有限公司(上海)
SG Management LLC. (ニューヨーク)
The SG Shochu(リカーブランド)

CONTACT

Name
Company(任意)
E-mail
Subject
Message